<地形図(地勢図・エアリア・登山地図帳)収納箱>

地形図の収納方法

地形図を買い始めたので、最近収納方法を考えていた。ヤマヤの皆さんはどうやって管理しているのかと思い、インターネットで「地形図、収納」などと調べてみるがヒットしない。どうしようかと思っていた折、よっせーさんが木製の地図整理箱を自ら作成(こちら)。羨ましく思い、LOFTの文具コーナーに収納用品を探しに行く。

収納の際に望むポイントは以下の3点。
(1)数年後に買いに行っても同じ型の商品が売っていること。
(2)出し入れのしやすいもの。
(3)地形図を8ツ折りの状態で保管できるもの。

結果、コクヨの折りたたみ整理ボックス<タイディ>が条件にピッタリ一致した。値段も480円と手頃である。
1つの整理箱には地形図や地勢図が50枚くらい入る。仕切りを外せばもっと入るかもしれない。岐阜県の2万5千分の一地形図を領域全部そろえると確か140枚くらいなので、3箱で足りる計算になる。コンパクトにまとまるのではないだろうか。

地図入れ

エアリアやヤマケイ登山地図帳も入るよ。しばらく使ってみないと評価できないけれど、色も綺麗で良い箱を見つけた(^^)v
8ツ折りの場合、CD収納箱や手紙の収納箱が代用できることが分かったので、今回のものが使い勝手が悪かったらまた別のものを探してみよう!


HOMEへ