<百々ヶ峰(どどがみね)・西山(にしやま)>

百々ヶ峰(418m)・西山(342m)

ルート三田洞権現山東峰西峰三田洞展望広場三田洞
登山日:2005年3月20日
登山口:岐阜県岐阜市 map fan
天候:晴れ
テーマ:岐阜市最高峰、コバイケイさんとデート
ガイドブック:『岐阜の山旅100コース(上)』など多数
パーティ:コバイケイさんご夫婦、モリさん
全行程記録:4時間35分
10:35 ながら川ふれあいの森P
10:45 自然歩道登山口
11:15 小峠
11:35 権現山
12:05-13:15 百々ヶ峰(東峰)
13:55 西山(西峰)反射板
14:25 三田洞展望広場
15:10 ながら川ふれあいの森P
仕切り線

【岐阜市最高峰】

百々ヶ峰(東峰)は岐阜市の最高峰であり、いつか登ってみたいと思っていた。就職に伴って岐阜県を離れることになったので引越し前に慌てて行くことに決めた。ホームページ「奥美濃山歩」を管理されているコバイケイさんご夫婦に案内をお願いした。コバイケイさん、ありがとうございました。

【ながら川ふれあいの森】

コースは三田洞地区の「ながら川ふれあいの森」から時計回りに歩くことにした。大きな駐車場から舗装道路を歩き、1つの分岐(この分岐から登っても後で合流する)を過ごして東海自然歩道を使って高度を稼ぐ。
ながら川ふれあいの森ゲート 東海自然歩道の登山口

【階段】

階段の登山道を使うとベンチのある広場に着く。別の登山道が合流しているようだ。ここから進行方向を見上げると階段がずっと続いているのが確認できる。
長い階段を登っていると三田洞東の町並みや運転免許試験場方面(北方向)の展望があった。
広場(コバイケイさん提供) 北方向の展望

【小峠】

登山道 階段が多くて歩きにくいが、東海自然歩道はこのような感じの階段が多い。途中で「小峠」と書かれたプレートを見かけた。文字通り小さな峠だった。

【権現山】

鉄塔が見えたら権現山だった。地形図には山名の記載がないが、頂上付近に権現神社が祭られており、現地の案内標識に「権現山」の名が書かれていた。小学生手作りの案内板が愛らしい。
権現山山頂 権現神社

【林道】

権現山からいったん下り、林道に出合う。ここには立派なトイレがあった。百々ヶ峰周辺は国から整備費用が出たらしく、ずいぶんとお金がかけられているように感じた。
林道に下る 林道のトイレ(鳥瞰図)

【岐阜市最高峰】

トイレから能郷白山や小津権現山を見て山頂に向かう。
ショートカットやトラバースなど、登山道が入り乱れていて、各々好きなように歩いていた。
国土地理院の地形図を開くと西峰に「百々ヶ峰」の記載があるが、地元の方は最高峰(東峰)の方を一般的には「百々ヶ峰」と呼ぶそうだ。地形図で「百々ヶ峰」と記載のある西峰は「西山」と呼ばれるらしい。
山頂(東峰)には新しそうな展望櫓が立っていた。晴れていれば名古屋駅も見えるようだが、今日はガスっていて近くにある金華山や各務原丘陵地くらいしか見えない。残念だった。掲示板で知り合ったsoyokazeさんにお会いでき、5名で記念撮影をした。にぎやかな昼食タイム。
能郷白山や小津権現山方面 東峰

【西山へ】

soyokazeさんは松尾池に帰られたが、岐阜市の山にずいぶんと詳しいおじさんと知り合い、西山までご一緒する。赤色の馬酔木(アセビ)の花が咲いていて印象的だった。西山まではよく踏まれた縦走路となっていた。クイズ形式の植物の解説板は勉強になる。
赤色のアセビ 登山道

【西山反射板】

西山三角点手前でおじさんとお別れし、三角点を確認した後、反射板へ。この反射板からの展望は素晴らしい。足元がスパッと切れ落ち金華山と長良川がよく見える。皮肉なことに山火事のせいで展望がよくなったそうな(コバイケイさん談)。
西山反射板 西山反射板から見た金華山方面

【おとなしく下山】

西山からふれあいの森の駐車場への下山道も何通りかあるようだが、体力的な面からおとなしく三田洞展望広場経由で帰ることに決めた。鐘戸山経由で帰ったらアップダウンがプラスされてかなり疲れそうだ。
西山三角点から少し下ると東峰がよく見えた。遊歩道はよく整備されているが、整備の際に特定の植物が植えられたようで、局所的に同じ植物が大群生している。なんだか異様な空間に感じる。コバイケイさんの奥さんは植物に詳しいので解説をお願いしながら歩く。
東峰 不自然な群生

【三田洞展望広場】

結構歩いているので少々疲れてきた。三田洞展望広場もガスっていてほとんど展望なし。
舗装道路を横切って遊歩道が続く。水が湧き出ているが、こんな整備された場所の生水は怖くてとても飲めない。
三田洞展望広場 水場

【下山後の楽しみ】

キャンプ場を経由して駐車場に戻った。猩猩袴(ショウジョウバカマ)や梅などの春の花が所々で見られた。駐車場で記念撮影してお別れした。
前々から行きたかった名和昆虫博物館に寄って帰宅した。
無事下山 名和昆虫博物館

【総評】


HOMEへ