<へそ山(へそやま)>

へそ山(273m)

ルート瑞浪市民体育館へそ山(往復)瑞浪市民体育館
登山日:2005年2月20日
登山口:岐阜県瑞浪市 map fan
天候:くもり
テーマ:化石博物館
ガイドブック:なし
同行者:単独
時間記録:歩行時間 登り:10分、下り:5分
仕切り線

【化石博物館】

化石博物館 現在の瑞浪市は昔は陸でなく海であった。瑞浪市は2000万〜1500万年前の、海や陸の生物の化石がたくさん発見されており、現在でも「大湫(おおくて)」や「細久手(ほそくて)」などという地名が残っている。「くて」は湿地という意味である。
体調チェックをかねて、前々から気になっていた化石博物館(HP)周辺を散歩した。化石博物館は瑞浪市民公園内にある。運動広場だけでなく、陶磁資料館(HP)市之瀬廣太記念美術館(HP)地球回廊(HP)サイエンスワールド(HP)もあり楽しめる。
公園内の丘が「へそ山」と呼ばれていることを知ったので、5分で登れる山だがUPしてしまおう(^^;)

【瑞浪市民公園】

公園内のひとコマ。
へそ山紹介板 道案内

【明世化石】

明世の化石産地は岐阜県県指定文化財の1つとなっている(参考:瑞浪市の文化財一覧)。今でも化石の野外観察ができるのでぜひ行かれることをお勧めする。体育館のとなりにある。
明世の化石産地 体育館

【へそ山の山頂へ】

体育館の隣に遊歩道が設置されている。「Ylタフ」や「Ykuタフ」などと書かれたプレートが断層に打ち込まれているが、素人の私には何のことかさっぱり。所々解説板が立っており、勉強しながら登れる。
登り終えたところに日中不再戦碑が立っている。この公園のシンボルである。景色が楽しめるのはおそらくここだけかと思われるが、期待していた恵那山は望めなかった。
廃屋 展望

【遊歩道】

遊歩道となっていてどうやらどこかに通り抜けられるようだ。体調が優れないので東屋で引き返した。短い時間であったが、狭間層、戸狩層、山野内層、などいろいろな地層が確認できた。
鐘 東屋

【総評】


HOMEへ