<雪の虎渓山(こけいざん)>

虎渓山(161m)

ルート多治見橋虎渓公園虎渓山永保寺多治見修道院
登山日:2005年2月2日
登山口:岐阜県多治見市 map fan
天候:小雪のちくもり
テーマ:雪の虎渓山永保寺
ガイドブック:観光パンフレット各種
同行者:単独
時間記録:周遊1時間半くらい
仕切り線

【雪の虎渓山】

今まで四季の虎渓山を訪ねてきたが、雪の虎渓山にはまだ訪れたことがなかった。
今シーズン一番の寒波が来て多治見市も雪が降ったので(昨年の大晦日にも雪が降ったが帰省のため虎渓山には寄れなかった)、朝の喧騒もなんのその、雪が溶ける前にさっそく遊びに行った。

【本土神社】

本土神社 出発は多治見橋。虎渓山に登る前に通り道の本土神社と長福寺に寄った。写真は本土神社。長福寺は毎年節分に豆まきをやっている。明日もにぎわうことだろう。お千代保稲荷にも寄った。

【舗装道】

舗装道のルートで虎渓公園へ向かう。
登山口 地蔵尊

【永保寺へ】

参道を歩く。雪で良い雰囲気になっていた。三笑橋を渡ると雪がやんだ。
参道 三笑橋

【無際橋と観音堂】

臥龍池(がりゅういけ/がりょういけ?)にかかる無際橋(むさいばし)と、国宝観音堂との景色はまるで絵葉書。
永保寺 永保寺

【大銀杏と鐘楼】

樹齢690年(1313年植樹?)の大銀杏(おおいちょう)と、鐘楼(しょうろう)。
大銀杏 鐘桜

【開山堂】

雪のついた国宝開山堂もお見事。
庭園を抜けて土岐川を見る。S字カーブを形成している土岐川の龍淵縁(りょうふえん)。住職さんの話だと反対岸からS字がよく見えるのだとか。
開山堂 龍淵縁

【虎渓公園】

虎渓山は周りの木々が成長していて、現在大展望が得られる場所は少ない(昔は虎渓公園の東屋から多治見市街がよく見えたと思う)。現在は「みどり屋」の裏が一番の展望地かな。公園隣に立つ東濃西部合同庁舎の屋上は素晴らしい景色だと思う。ただ忍び込むわけにはいかない(^^;)
虎渓公園 虎渓公園からの展望

【多治見修道院】

内津峠の鵜飼邸 雪の積もった一号古墳を見て、多治見修道院側に下山した。

【総評】


HOMEへ