<白草山(しらくさやま)>

白草山(1641m)

ルートゲート(黒谷林道)白草山(黒谷林道)ゲート
登山日:2004年11月3日
登山口:岐阜県下呂市 map fan
天候:晴れ
テーマ:近所の登山店主催の山オフ会
ガイドブック:『AG17 乗鞍・御岳』など多数
パーティ:男6名、女5名
時間記録:歩行時間 登り:2時間10分、下り:1時間40分
10:00 黒谷林道ゲート
10:30 林道終点
11:55 三ツ岩
12:10-14:15 白草山
14:25 三ツ岩
15:25 林道終点
15:55 林道ゲート
---
仕切り線

【白草山オフ会】

多治見の登山店「マウンテンロード」ファンクラブで山オフ会が行われた。今回は店長さんと10名のクラブ会員が参加した。ほとんどの方と初対面だったが山頂では御嶽山と阿寺山系を眺めながらの豪華鍋宴会となり、にぎやかで楽しい山行となった。店長さんの山行記録もご覧ください。

【白草山について】

白草山への主要な登山ルートは乗政地区からと御厩野(みまやの/みまいの?)地区からの2つがあるが、前者のルートは岐阜県が「癒しの道・南飛騨森林浴回廊21」として整備していて年間通じて人気のあるコースである。紅葉の時期を勧めているガイド本もあるので秋は特に登山者が多いかもしれない。山名は山頂のその笹原の様子に由来しているのかと思っていたが、どうやらそうでなくて地名に由来しているらしい(HP「飛騨美濃山語り」白草山項参照)。自分でも一度調べてみたいものだ。なお白草山には2年前のほぼ同じ日、単独で同じルートを歩いている(日記)

【乗政地区へ】

多治見から店長さんとARIさんの車でR248、R41、R257を経由し乗政地区を目指す。車内ではHIROさんとaikaさんがおしゃべりに付き合ってくれた。R257に入ってからコンビニとガソリンスタンドがある交差点に案内板があり、そこを左折する。乗政温泉、乗政キャンプ場と過ぎるとT字路になり、左に曲がるときれいな道となりあとは一本道で白草山の登山口ゲートにつく。ゲート前に数台駐車可能だが、満車の場合は少し戻って道路脇に駐車する。
登山口 黒谷林道

【黒谷林道】

黒谷林道を30分ほど歩くことになるが、秋は紅葉が楽しめる林道となる。ARIさんとMORIKAWAさんと雑談しながら紅葉を眺める。aikaさん、nakajimaさん、sakuraさんにカメラを向けるはずかしいと言いながらも笑顔を見せてくれた。
途中で大岩の壁や宙に浮いたような変な岩も見られ、皆さん写真タイムに入っていた。林道終点は小広場となっていて以前は小屋があったとのこと(店長さん談)。ここから橋を渡ると本格的な登山道が始まる。
変な岩 登山道入り口

【ゴーロ】

しばらく沢に沿って歩く。この辺りも黄葉がきれいだ。大きな石が多くてしかも滑りやすいので注意しながら登る。すぐに沢から離れるが石が多い登山道がしばらく続く。高度を稼いでいくと高森山のなだらかな山容が確認できるようになる。
登山道 登山道

【紅葉】

登山道から高森山や先ほど歩いてきた黒谷林道が見える。赤色・黄色・緑色の3色がきれいだった。
高森山 黒谷林道上部の紅葉

【下呂三兄弟!?】

2つのすべる橋を渡って、左後方に寺田小屋山が見えるようになると大分高度を稼いだことになる。さらに登ると寺田小屋山の奥に下呂御前山(日記)が確認できた。ピークが3つ並んで見えるとなかなか壮観なものだ。ちなみに空気が澄んでいれば下呂御前山の後ろに白山が見えるはず。
登山道の橋 下呂三兄弟

【笹の登山道】

登山道はピークをひとつ巻くようにつけられているため尾根に合流すると今まで見えなかった右(南〜南西)方向が開けるようになる。前方には箱岩山が見えるようになる。振り返ると今巻いてきたピークも確認できる。
笹の登山道 振り向き展望

【白草山図根点】

白草山図根点 白草山登山道で見つけた図根点。ずいぶんと立派だったので帰ってから調べてみたら、「三角点写真館」でも紹介されていた。ちょっと変わった図根点のようだ。

【三ツ岩】

箱岩山が大きくなって正面に白草山のなだらかな山頂が見えると「三ツ岩」がある。よくもまあこんな形になったものだと関心しながらまじまじと見てしまった。
白草山山頂 三ツ岩

【大展望】

箱岩山との分岐を右に曲がって白草山の頂上を目指す。山頂一帯は笹原がとてもきれいなところ。振り返ると箱岩山と御嶽山、左の手前には三国山・拝殿山の尾根、奥には小秀山・前山・唐塩山(私は勝手に小秀三山と呼んでます)のスカイラインがきれいだった。MASAさんとふたり、しんがりで山頂に到着。
箱岩山 小秀三山

【山頂で鍋宴会】

山頂で鍋宴会。ビールと食材をボッカしてくださった店長さんと山人玉石(やまとだましい)さんに感謝。お二人とも荷物20kgくらいあったのでは?
豊富な具材に加え、本日参加できなかったmatsumotoさんから差し入れの野菜が入りさらにおいしさが増す。良いにおいにつられて他の登山者も様子を見に来る状態(^^;)ごちそうさまでした。
山頂にいること2時間、はじめは雲がかかっていた御嶽山もときおり全貌を見せてくれて大満足の山頂お昼ご飯だった。ARIさんのおかげで乗鞍岳も確認することができた。(集合写真は店長さん提供)
帰りは西日のために笹は輝き、紅葉は鮮やかさを増し、気持ちの良い下山路となっていた。
下山後は下呂温泉「クアガーデン露天風呂」で汗を流して岐路についた。ファンクラブのみなさん、またご一緒しましょう。
鍋宴会 記念撮影:後列左からMORIKAWAさん、aikaさん、店長さん、kimikoさん、ARIさん、前列左から私、山人玉石さん、nakajimaさん、HIROさん、sakuraさん、MASAさん。

【総評】


HOMEへ