<深山の森(みやまのもり)>

深山の森(約275m)
(国道沿い駐車場→(遊歩道)→東の展望台→(時計回り)→駐車場)

登山日:2003年11月30日
登山口:岐阜県多治見市
天候:くもり
テーマ:市内散策
ガイドブック:なし
同行者:単独
時間記録:行き……25分、帰り……30分
(推定標準コースタイム:行き……30分、帰り……30分)
12:45 駐車場
12:50 遊歩道入口
13:10 東の展望台
13:15-13:40 いちご摘み
13:45 遊歩道入口
14:00 森入口(東口)
14:05 駐車場
 


【深山の森】
多治見市からR248バイパスを可児市に向かっていくと「深山の森」と書かれた大きな看板が立っている。前前から気になっていたのだが、登山口や地図などの詳細が分からず、標高が低いことも手伝って今までは行かずにいた。本日は明け方に雨があがったので急遽行くことにした。冬苺でもあれば摘んでこようと思い、ビニール袋を持っていった。

【大駐車場】
R248バイパスで深山の森の駐車場に向かう。バイパス沿い東側に広場があることは認識していたが、入り口は一箇所だけなので初め通り過ぎてしまった。信号がない道路で他の車はスピードを出しているため、いきなり減速して右折すると追突されそうで恐い。多治見市側からは何も案内が無いが、可児市側には駐車場の案内がある。 大駐車場

【大藪溜池】
駐車場内に森への入り口があった。3つの道があったが、一番左に行き、時計回りを決めた。つつじ広場と呼ばれる広場から大きな大藪溜池が見えた。溜池とはいうものの水はあまりたまってはいなかったが、相当の広さだった。池を時計回りで回りこんで橋を渡ると遊歩道入り口の案内板があった。
つつじ広場 橋

【深山の森遊歩道】
「深山の森遊歩道入口」の看板を見るが、大藪溜池の堤防の方にも案内板が見えたのでそちらの方に行ってみた。こちらの案内板はR248バイパスが完成する前からあった案内板だった。バイパスができたせいで深山の森が真っ二つに分けられたことがよく分かった。遊歩道入り口に戻る。
遊歩道はマレットゴルフ場となっていてよく整備されていた。
深山の森遊歩道 マレットゴルフ場

【マレットゴルフ場】
マレットゴルフ場はやっているところを見たことがないので誰かやっていないかなぁと探しながら歩く。展望台を目指していたがT字路で迷ってしまったので右に行ったらゴルフ場の管理棟があり、楽しんでいるご夫婦がいた。パターみたいなものを使うことを想像していたが、まるでゲートボールのようだった。300円で36ホールも楽しめるのでお得かもしれない。管理棟の地図で展望台の位置を確認して、先ほどのT字路まで戻った。
マレットゴルフ 管理棟

【展望台】
華立コースNo.10の近くに立派な展望台があった。可児市・美濃加茂市方面の低山が見えた。
展望台 展望

【冬苺摘み】
展望を楽しんだ後、管理棟に戻り、さらに時計回りを続ける。池の堤防が見えると道脇に冬苺(フユイチゴ)が群生していた。まだまだ小粒であるが期待していただけにすぐに摘み始めた。冬苺は薔薇科であるが刺がないのでうれしい。ほろほろと採れるので採集は簡単。 冬苺

【西の展望台】
ゴルフ場のコースを横断して遊歩道入り口に戻った。堤防の方に歩を進める。案内板を見ると西側にも展望台があるようだ。大藪溜池から鉄塔が見えたがあそこも森の一角なのだろうか!?堤防はさえぎるものが無いので、可児市方面の展望も良かった。
西の展望台方面 可児市方面

【市道】
堤防終点にはゲートと舗装道路があった。案内板では市道となっていたが、こっちの方には来る用事がないので存在すら知らなかった。大藪溜池を回りこむように踏み跡がついていたので、間違えたりしながら溜池の周囲を時計回りする。一丁前に迷わないようにピンクのリボンがついていた(^^;)
市道 溜池時計回り

【東口】
池を回り終えると遊歩道と合流した。今通ってきた回り込む道は正規のルートでないことが分かった。少し降りてから紅葉の綺麗な階段を上ると深山の森の東側入り口に達した。ここにも数台駐車可能。
遊歩道 東口

【大駐車場へ】
東の森入り口からは3本の遊歩道があったが、帰るのでバイパス方面に向かう。すぐに駐車場に戻った。深山の森はバイパスをはさんで西側にも広がっているが、いつでも来られるので西側は次回の楽しみとした。 遊歩道

【冬苺のジャム作り】
帰宅してから冬苺のジャム作り。25分間摘んだ冬苺の量は90gくらいだった。まずはよく洗う。ヨーグルトのトッピングのつもりなので糖度は高めとして、グラニュー糖も同じくらいの量を入れた。本当はアク取りが必要なのだが、量が少なすぎてアク取りどころではなかった。15分ほど煮たが、ゲル状にならず水飴状態(^^;)失敗、失敗。色がとても綺麗で気に入ったので、また挑戦予定。 冬苺のジャム作り

【総評】
・よく整備されていた。春の方が楽しいかも。

登山日記一覧へ日帰り登山TOPへ