<刈安権現山(かりやすごんげんやま)>

刈安権現山(592m)
(大久後駐車場→参道入口→刈安神社→参道入口)

登山日:2003年8月23日
登山口:岐阜県瑞浪市
天候:快晴
テーマ:中山道めぐり
ガイドブック:たぶん存在しない
同行者:単独
時間記録:行き……15分、帰り……5分
(標準コースタイム:行き……25分、帰り……15分)
09:30 大久後駐車場
09:35 刈安神社参道入口
09:45-09:55 刈安神社
10:00 刈安神社参道入口


【刈安権現山】
本日は中山道を大井宿から大湫宿まで歩くことがメインである。このルート沿いには2つの山がある。権現山と本陣山である。どちらかついでに登りたいなぁと考えていたが、半袖短パンのスタイルなので藪漕ぎがありそうな本陣山はパスして権現山に寄り道することにした。小生のデータバイブル『日本山名総覧』(白山書房)の「同名山名順位」によると「権現山」という山名は日本で4番目に多い81山ある。区別するために地区名を頭につけることが多いが、本日登る山は『ふるさと大湫百話』(遠山印刷株式会社)に合わせて刈安権現山(釜戸権現山)と呼ぶことにする。この刈安権現山の近くにも神田奥権現山(神田白山権現山)(657m)と高根権現山(509m)がある。刈安権現山と神田奥権現山については『ふるさと大湫百話』が詳しい。応仁の乱の頃、美濃守護八代目の土岐成頼は西軍に組し、美濃八千騎を率いて西軍の主戦力として各地に転戦、東軍からは最も恐れられていた。これに対し東軍側は密かに味方の信州の小笠原・木曽氏に命じて美濃国を背後から攻める作戦をたて、1473年、「大井・萩之島(刈安権現)城合戦」がおきた。大井・萩之島両城はともに本城鶴ヶ城の支城として土岐一族が守っていたが、土岐勢の主力は京都で合戦中であり、両城兵達の必死の防戦も叶わず城主は戦死し両城とも落城した。この時、萩之島城主の奥方は合戦中に家臣に守られて峰づたいに神田奥権現へ難を避けたという。主人の戦死と落城の報を受けた奥方は奥権現に主人のために五輪塔と宝筺印供養塔を建て、そのすぐ下方に庵を結んで城兵たちの冥福を祈ったと伝承されている。今でも刈安権現山と神田奥権現山の間には「合戦坂」の小字名が、尼庵の跡には「尼ヶ池」の名が残っているそうだ。

【大久後駐車場】
大久後駐車場 大湫宿の東にある大久手地区に写真のような無料駐車場がある。中山道と東海自然歩道が通っている(共通区間)が、この地区には車でも来られる。刈安権現山の登山ガイド本は見たことがないが、ネット上でよっせーさん(こちら)とハメットさん(こちら)の山行記録があるので参考にした。

【観音堂と弘法様】
駐車場の東海自然歩道案内板を見て出発。すぐに観音堂と弘法様、公民館?やトイレのある場についた。地蔵には「養蚕大師」と刻まれていた。 観音堂と弘法様

【中山道】
中山道の観光ポイントの案内表示は市によって異なっているので、その市がどういう表現にしているかを知るのも中山道歩きの楽しみである。瑞浪市の場合は白い角棒に大きく字が書いてあり読みやすい。刈安神社参道入口に通じるまでにも「権現坂」、「鞍骨坂」と書かれた白い案内棒が立っていた。中山道のこの区間は十三峠の一部でありアップダウンが激しいので坂が多くても不思議に思わない。ジメジメとしていて小蝿がずっとまとわりつく。参道入口には「←権現山山頂」と東海自然歩道の案内板が立っていた。
権現坂 参道入口

【刈安神社参道】
参道の階段を登り始めると左手に石仏が2つ見えた。一方は「松覚霊神」、一方は「秀覚霊神」と刻まれていた。階段はすぐに終わり、広い登山道になる。
入口の石仏 参道

頂上と参道入口のちょうど真ん中あたりに2つの石仏があり、何か刻まれていたがよく読めなかった。1秒でもじっとしていたら蚊が大量に寄ってくるので、石仏を見たり写真を撮るのも落ち着かなかった。先日の台風の影響か木々が参道を覆っている個所もあった。
中腹の石仏 参道

【刈安神社】
参道が終わると雑草の生える広場に出た。刈安神社の背後に大岩がそびえている図はなかなか!大岩の前に行ってみると池と小さな祠があった。池には蛇が浮いていて近づくと穴の中に隠れた。住処にしているようだ。大岩を目の前にしてみると、その大きさが実感できる。どうやらこの大岩が御祭神となっているようだ。大岩の上に立てたら展望が良いだろうなと思って神社の裏側に回ってみると容易に大岩の頂上に立つことができた。木が少しあるが恵那市方面がすばらしい展望だった。
三角点を探そうと思って少し西に行ってみたが、藪と蚊の多い場所は半袖短パンの身には辛すぎた。大岩の上に立てて満足していたので三角点探しはすぐにやめた。参道を降りて大湫宿に向かった。
刈安神社 大岩からの展望

【下山後の楽しみ:大湫宿】
参道入口から大湫宿に向かう際にも権現山の一里塚、三十三観音、尻冷やし地蔵など見所はたくさんあった。大湫宿の神明神社には樹齢1300年の大杉がある。必見!
大湫宿入口 神明神社の大杉

【総評】
・アプローチも山も歴史あり!
・周辺の散策もぜひしたい。

登山日記一覧へ日帰り登山TOPへ