<小牧山(こまきやま)>

小牧山(86m)
(アピタ駐車場→(直登コース)→小牧山三角点→(外周コース)→アピタ駐車場)

登山日:2003年6月8日
登山口:愛知県小牧市
天候:晴れ
テーマ:散歩
ガイドブック:『愛知の130山』など
同行者:モリさん
時間記録:行き……10分、帰り……35分
(標準コースタイム:行き……10分、帰り……35分)
17:20 アピタ駐車場
17:30 登山口公園
17:40-17:45 小牧山三角点
17:50 石垣跡
17:55 タブの木
18:05 観音洞
18:20 登山口公園
18:25 アピタ駐車場


【若者の集まる場所】
小生の趣味は登山、マラソン、散歩……。若者の集まる場所にもたまには行かんとまずいなぁと思い、小牧のコロナワールドに話題の「マトリックス リローデッド」を見にいった。映画館で映画を見るのは約4年ぶりで非常に緊張してしまった。昨日の恵那山(日記)や今朝のみたけの森散策(日記)の疲れもあり、前半気持ちよく寝てしまったが、すごいアクションで楽しめた。若者はこんなところにいるものなんだなぁと実感(^^;)それにしても映画館の飲み物はどこかの山頂のお店よりも高いんじゃない!???
外に出ると小牧城がきれいにみえたので急きょ小牧山に登ることにした。

【小牧山へ】
小牧山登山口 駐車場がどこだかよく分からなかったので、すぐ近くにあるアピタの駐車場を使わせていただく。道路を渡ると登山口。すこし登ると公園と案内板があった。案内板でコースを決める。行きは直登で、帰りは外周で計画する。

【直登コース】
公園の脇から階段を登っていく。一直線である。5分も立たないうちに外周コースと合流した。お城までもう少し。 登山道

【小牧城】
格好いい石段を登ると国指定史跡の小牧城。お城は歴史博物館にもなっている。開館時間は16時半までなので今日はもう入れないが、上まで登ったらさぞかし展望がよいだろう。お城の裏に回ると三角点があった。
石段 小牧城と三角点

【展望】
展望は西から北にかけて得られる。ガスがかかっているので金華山がかろうじて見える程度。
北 北西

【石垣跡】
石垣跡 お城から少し降りたところに石垣跡があった。案内板には織田信長築城時の石垣跡と書かれていた。

【タブの木】
石垣をみた後はのんびりと散歩。カップルやランナー、犬の散歩をしている人が多い。タブの木は小牧市の木に指定されている。この地方では他の地域に生えておらず、小牧山のみに自生するそうだ。5月に咲く花もぜひ見てみたい。 タブの木

【観音洞】
観音洞 乳の出ない妻に食わせようと、7匹の小鹿を連れた子はらみの鹿を見つけて撃ったところ、小鹿は7つの石に、親鹿は観音像と化した。狩人はこれをみて殺生を悔い、その地に草庵をむすび、観音像をねんごろに祭ったという。

【稲荷神社】
麓の公園まで戻ってくると稲荷神社を見つけたので寄ってみた。入口に案内がかかれていたが、ちょっと読みにくかった。りっぱなきつねさんがいた。 稲荷神社

【総評】
・犬の散歩、ランナー、カップルが多い、市民の山。

登山日記一覧へ日帰り登山TOPへ