<愛宕山(あたごやま)・無名峰>

愛宕山古墳(約220m)・無名峰(303m)
(美濃陶磁歴史館→元屋敷窯→段尻巻古墳→乙塚古墳→愛宕山古墳→無名峰→美濃陶磁歴史館):登山道地図はこちら

登山日:2003年6月1日
登山口:岐阜県土岐市
天候:快晴
テーマ:史跡めぐり
ガイドブック:なし、参考文献『隠居山元屋敷遊歩道』
同行者:なし
時間記録:周回2時間25分
(推定標準コースタイム:周回2時間30分)
15:00-15:30 美濃陶磁歴史館
15:35-16:00 元屋敷陶器窯
16:15 段尻巻古墳
16:20 乙塚古墳
16:35 愛宕山頂上
16:40 大富三等三角点
16:50 正一位秋葉神社
17:10 無名峰
17:30 泉ヶ丘団地入口
17:55 美濃陶磁歴史館


【隠居山元屋敷遊歩道】
土岐市にある、国指定の史跡「元屋敷陶器窯」が今年度に入ってからリニューアル完成したとの情報を得たので行ってみることにする。多治見市図書館で先日借りた本で隠居山の存在も知ったので、一緒に隠居山の史跡もめぐる計画を立てる。R19で土岐市に入り県84で可児方面に曲がるとすぐに土岐市文化会館と美濃陶磁歴史館の駐車場がある。多治見邸から6キロ、10分で到着。

【美濃陶磁歴史館】
美濃陶磁歴史館 まずは美濃陶磁歴史館で情報収集。学生は100円で安かったが、隠居山に関する情報は全く無し。すぐに元屋敷陶器窯に向かう。

【元屋敷陶器窯】
元屋敷陶器窯は織部の里と呼ばれる公園内に整備されている。元屋敷窯は14室が階段状に連なる見事な連房式登窯で、国指定の史跡にもなっている。驚いたことに見とれていたら、大人数のツアー客が押しかけてきた。こりゃたまらんとすぐに退散(^^;)公園内には他にも窯の跡があるが、複製品である。清安寺に寄って、再び美濃陶磁歴史館に戻る。 元屋敷窯

【段尻巻古墳】
『隠居山元屋敷遊歩道』を読んで周辺に散策コースがあることは知っていたが、本には地図がなかったため、コースがよく分からなかった。現地に行けば分かるかと思っていたが、案内はあまりなく、所々に看板が立っているだけであった。それでも段尻巻古墳には容易に到着。段尻巻古墳も国指定史跡。
案内板 段尻巻古墳

【乙塚古墳】
乙塚古墳 段尻巻古墳を過ぎるとすぐに乙塚古墳の看板がある。こちらも国指定史跡で、土岐市内最大の円墳になっている。

【愛宕山古墳】
乙塚古墳を過ぎると遊歩道の案内板が全く無くなってしまった。隠居山の遺跡に行く道があるはずだが、今日は地図とコンパスを持ってきていないので方向が分からない。人に聞くのも悔しいので、しばらく適当に歩いていると「愛宕山古墳」と書かれた案内板を見つけた。これは幸いと隠居山を忘れてそちらに向かう。
案内板 登山口

【愛宕山古墳】
登山口から良く踏まれた道を歩くと分岐になったが、再び案内板が見えたのでそれに従う。登山口から5分ほどで愛宕山古墳についた。小ピークになっているのか、古墳で盛り上がっているのか、良く分からないが、頂上には愛宕神社が祭ってあった。 愛宕神社

【北へ】
愛宕神社から来た道を戻ると、分岐から登っていく道がある。よく踏まれているのでこちらに行って見る。地図を持ってきていないのでどこにでるか分からない。なんとかなるさ登山の始まり。
どうやら鉄塔巡視路のようで、鉄塔に沿って歩いた。途中三等三角点(点名 大富)まで見つけるおまけつき。
鉄塔 大富三等三角点

【正一位秋葉神社】
御船岩 さらに北(北西)に尾根歩きを続けると正面に小ピークが見えた。薄い踏み跡があったので登ってみると、祠を発見。正一位秋葉神社と書かれていた。

【尾根歩き】
尾根歩きを続けていたが、何時の間にか左手に舗装道路が見える。降りてみると泉が丘町だった。どこだここ(^^;)という感じだったが、尾根がまだ続いていたので終点まで行くことにした。終点はドコモの無線局がある所で、舗装道路が続いていた。
この時期に馬酔木? ドコモの無線局

【303mピーク】
尾根の終点から舗装道路をはさんで小ピークがあり、薄い踏み跡も見えたので、ついでに登ってみる。三角点を探したが見当たらなくて残念だったが、北側の展望はすばらしかった。家に帰ったから調べたら303mピークだったようだ。近くの建物に「北山なんとか」と書いてあったので、ひょっとしたら地元では北山と呼ばれているのかもしれない。 303mピークからの展望

【泉が丘団地】
なんとかなるさ登山で無計画で来たので帰り道も良く分からない。大まかには分かるので適当に歩いていると、現在地は泉が丘団地というところで標高が高い所だと分かった。土岐市ではかなり標高が高い場所なのだろう、普通に歩いていて展望が良い。三国山が綺麗に見えた。適当に歩いて県道84号に出られたので、道なりに無事に帰れた。結構疲れたので、その後隠居山には行かなかった。
泉が丘団地 泉が丘団地案内板

【総評】
・史跡めぐりが楽しめた。
・隠居山に行けず残念。

登山日記一覧へ日帰り登山TOPへ