<鳩吹山(はとぶきやま)とカタクリ群生地>

鳩吹山(313m)
(大脇有料駐車場→カタクリ群生地→小天神→鳩吹山→岩場パノラマコース→大脇)

登山日:2003年3月30日
登山口:岐阜県可児市
天候:晴れ
テーマ:カタクリ群生地
ガイドブック:『名古屋周辺の山200』、『こんなに楽しい岐阜の山旅100コース(下)』
同行者:モリさん
時間記録:行き……1時間、帰り……1時間20分
(推定標準コースタイム:行き……1時間25分、帰り……1時間20分)
16:00 大脇有料駐車場
16:25 小天神登山口
16:45 小天神
17:00-17:20 鳩吹山三角点
17:45 パノラマコース分岐点
18:20 パノラマ合流点
18:30 大脇登山口
18:40 大脇有料駐車場


【大脇の駐車場探し】
大脇有料駐車場から鳩吹山 一度行ったことのある鳩吹山。前回は真禅寺から周回したが(日記)、今日は大脇からの周回である。可児商工会議所HPの「かたくりの花・開花情報」を見て、片栗の花が見頃であることを知っていたので、実は今日のメインは山登りでなくお花見である。
大脇登山口をまず探してみるが、よく分からない。R41沿いの廃業中の「ホテル元起」に駐車を試みるが「無断駐車お断り 無断で駐車された場合一日につき金5000円いただきます(店主)」との張り紙を見つけたのでやめた。その店主の店もつぶれていたら意味をなさないが(^^;)結局、R41から大脇交差点を鳩吹山方面に曲がり、近くの有料駐車場に止めた。駐車料金300円。

【大脇駐車場について】
大脇登山口の駐車場について。片栗の花が咲く時期は駐車場が3箇所ある。(1)鳩吹山大脇登山口の駐車スペース。R41から大脇交差点を南東(鳩吹山と反対側)に曲がる。突き当たりT字路を右に曲がるとR41の下をくぐる場所がある(R41は高架になっている)。その少し手前に3台くらい置けるスペースがある。(2)市営の臨時無料駐車場。下山して家に帰ってから知った。R41の大脇交差点を北西に曲がり、有料駐車場手前の道を左に入るとあるそうだ。片栗の時期のみ開放らしいが詳しくは知らない。(3)有料駐車場。R41の大脇交差点を西に曲がりずっと直進すると江陵閣付近で呼び込みの人がいるのですぐに分かる。こちらは片栗の時期のみ解放されているようである。

【片栗群生地】
江陵閣の前で売っていた野菜や果物をおいしそうに見て、片栗群生地に向かう。場所は駐車場のおじさんが教えてくれたが、「カタクリハイキングコース」という案内板もたっていた。花はちょうど見頃で、ピンク色の絨毯が予想以上に大きくて驚いた。夕方なので人は少ないかと思われたがそれでもたくさんの人が来ていた。午前中や昼間はものすごい人出だったのではないだろうか。 片栗群生地
片栗群生地 片栗の花

【小天神登山道】
片栗を見て回っていると「鳩吹山(小天神)登山口」の看板があったのでここから登山開始。道はなかなか急でロープやミニ鎖も見られた。登山道脇に片栗の花が咲いていないかなと期待したが、全く見られなかった。すぐに小天神に到着。
小天神登山口 小天神登山道

【小天神】
小天神 小天神には東屋やベンチがあり、可児市が一望できる。東屋内には可児の自然を親しむ会発行の植物ガイドブックが宣伝されていた。1部1000円、ちょっと欲しい……。

【大天神へ】
小天神から少し行くと大脇登山道との分岐に出る。鞍部を過ぎると鳩吹山の頂上や大天神が見えた。岩岩の道を歩いて大天神に到着。
大脇分岐 登山道

【鳩吹山】
大天神の東屋内には山名が書かれた写真や登山者ノートがある。ここから鳩吹山の三角点は近い。1、2分で頂上に到着。夕方なのにたくさんの人がいる。犬の散歩で来ている人もいた。手頃な山だ。かすんで御嶽山は見えないが、可児市や木曽川を一望できた。
大天神 鳩吹山山頂

【大脇へ】
西山へ行くか迷ったが太陽も沈みかけているのでおとなしく帰る。帰り道は大脇へ向かう。鳩吹山の三角点から真禅寺のほうへ少し行くと案内板のない分岐(下の写真)がある。どこに行くか分からないまま、たぶん行けるだろうと行ってみる。
西山方面 大脇分岐

【馬酔花】
馬酔花(アセビ)の花が良く咲いていた。馬酔花の隣で似たような小さい花が咲いていたが名前は何て言うのだろう。 馬酔花

【パノラマコース分岐】
細い道だがよく踏まれている。まっすぐ行くと「→」とだけ書かれた看板の立つ分岐に出た。谷をはさんで小天神側に九十九折の登山道がきれいに見える。地形図で現在位置を確認し、左の道に行く。
分岐 大脇登山道

【パノラマコース】
いきなりの岩場急登に鎖でビックリ。鳩吹山ってこんな所もあるのね。慎重に慎重に降りた。
パノラマコース パノラマコース

【合流点】
案内板 時間をかけて降りると「イワバアリキケン 山頂へパノラマコース」という合流点についた。ここからは沢沿いに歩いて大脇登山口に到着した。

【大脇登山口】
大脇登山口に着いた頃には真っ暗。パノラマコースの予想もしなかった道にずいぶん時間がかかった。大脇登山口から道路をはさんで「古城めぐり」という看板が見えたので、今度行ってみたい。元起の裏からR41を渡り有料駐車場に戻った。 大脇登山口

【総評】
・鳩吹山片栗群生地はピンクの絨毯がとても綺麗だった。
・パノラマコースの急登岩場に驚いた。

登山日記一覧へ日帰り登山TOPへ