<継鹿尾山(つがおさん)>

継鹿尾山(273m)
(犬山遊園駅→寂光院→継鹿尾山→大洞池→熊野神社→善師野駅)

登山日:2003年2月15日
登山口:愛知県犬山市
天候:快晴
テーマ:東海自然歩道
ガイドブック:『こんなに楽しい岐阜の山旅100コース(下)』、『名古屋周辺の山200』
同行者:単独
時間記録:コース行き……1時間5分、帰り……1時間15分
(標準コースタイム:行き……1時間15分、帰り……1時間20分)
09:25 犬山遊園駅
09:50 寂光院入口
10:05-10:15 寂光院
10:30-10:45 継鹿尾山
11:15 石原登山口
11:40 大洞池
11:50 熊野神社
12:00 善師野駅


【東海自然歩道】
所用で名古屋に繰り出したので、そのまま名鉄で犬山遊園駅に向かう。本日のテーマは東海自然歩道である。犬山橋から継鹿尾山を通って善師野駅へ行くコースである。

【犬山遊園駅】
鳩吹山塊 犬山遊園駅を降りると目の前に犬山大橋が見え、その手前から木曽川に沿う道へと入る。振り返ると国宝犬山城が見える。正面には鳩吹山塊のピラミッド型の山が綺麗に見える。公園入口となっている氷室交差点まで舗装道路を歩き、そこからユースホステルの案内板に従って細い間道を行く。

【寂光院参道】
東海自然歩道の案内板にしがたい、寂光院へ向かう。なかなか立派な場所で駐車場なども立派である。参道入口から事務所などがある広場を経ぎると、七福神が迎えてくれる坂の始まりである。それぞれの神様の下に「裕福」とか「愛嬌」とかコメントが書いてあるのが楽しい。
参道入口 大黒坂

【寂光院】
寂光院には千手観音、鐘、弘法大師像などがあり、なかなか立派なお寺である。弘法大師像のある場所は展望台になっており、犬山市街やモンキーパークが一望できた。また健康・健脚のための「佛石」なるものがあり、裸足で踏むと健康になるらしい。当然踏んでおいた(^^) 本堂

【登山道】
寂光院をすぎると本格的な山道になる。いきなり岩が露出していて驚かされる。道は良く踏まれていて快適な尾根道だが意外と岩が多く変化があって楽しい。後ろを振り向くと犬山や各務原市街が、尾根から左をみると城山や金剛山が、正面には恵那山や御嶽山が見え、快適である。アップダウンが結構あり、さらに東海自然歩道ということもあってか階段が多く、膝への負担が気になる。あっという間に継鹿尾山の頂上である。
登山道 登山道

【継鹿尾山】
頂上には東屋やベンチなどがあり、犬山市街はもちろん、雪をかぶった能郷白山がきれいに見えた。少しガスがかかっていて見えるはずの伊吹山や養老山は見えなかった。悠々と流れる木曽川が見事である。
東屋 木曽川

【三角点】
三角点 この山に来る途中や頂上でたくさんの人に会った。だれでも気軽に来られるので散歩にちょうど良いのだろう。頂上では毎日登っているという方とおしゃべりをした。帰りは南から降りるのだという。なるほど、ガイド本にも地形図にもしっかり点線がある。コースも色々あるようだ。

【大洞池へ】
頂上を過ぎても正面に御嶽山や中央アルプスが見事に見える。階段やアップダウンは相変わらずたくさんあり、なかなか楽をさせてくれない。
御嶽山 登山道

【石原登山口】
途中、東海自然歩道と縦走コースとの分岐に出る。ちょっと寄り道をして縦走コースから遠回りをしてみた。石原登山口という舗装道路を横切る広場に出たのでそこを右に回り、自然歩道に合流した。 石原登山口

【大洞池】
大洞池 東海自然歩道の恵那コースとの合流点ではたくさんの人が休憩していた。そこからすぐに大洞池。途中で会った人が「まるで五色沼だよ」と言っていたので期待していたが、なかなかお見事!深い緑色がなんともいい感じだった。釣をしている人、おにぎりを食べている人……、いろいろな人がいる。ここまでは車で来られるようだ。

【善師野駅へ】
大洞池から近道で善師野駅へ行く道もあるが、東海自然歩道にそって歩く。大洞池からは舗装道路である。立派そうな陽徳院を左に見て、熊野神社を見学し、無事に無人の善師野駅に到着。駅の側ではオオイヌノフグリが咲いていて春を感じることができた。なおガイド本には善師野駅に駐車可能と書いてあるが、現在は駐車スペースは無さそうだ。月極めの有料駐車場に変わっているようである。 登山口

【総評】
・東海自然歩道なので歩きやすいが、アップダウンが結構あり楽しめる。
・全体的に展望が良い。
・人が多い。
・コースをいろいろ変えて楽しめそうだ。

登山日記一覧へ日帰り登山TOPへ