<三界山>

三界山(1600m)
(夕森ふれあいキャンプ場→三界山→夕森ふれあいキャンプ場)

登山日:2002年9月22日
登山口:岐阜県川上村
天候:晴れ
テーマ:坂下町のソバ畑観賞
ガイドブック:『観光ガイド 遊楽帖』(川上村役場)
      :1/25000『三留野』『奥三界岳』『加子母』『付知』(国土地理院)
同行者:単独
時間記録:行き……1時間55分、帰り……1時間45分
(標準コースタイム(推定):行き……2時間30分、帰り……2時間10分)
10:20 夕森ふれあいキャンプ場
10:30 夕森バイブルキャンプ場
11:05 二段の小滝
11:50 四段の小滝
12:15 三界山頂上
12:15-12:35 休憩
13:00 四段の小滝
13:40 二段の小滝
14:15 夕森バイブルキャンプ場
14:20 夕森ふれあいキャンプ場


【坂下町の蕎麦畑】
岐阜新聞の記事で坂下町で蕎麦畑で花が満開だと知り、蕎麦が大好きな小生はぜひ見に行こうと決意する。近くに山があれば登ってこられるので、坂下町付近で探してみるとあるではないか、奥三界岳!前日に国土地理院の地図を買ってきて、WEBで登山口を調べ、とりあえず準備OK。

【登山口へ】
当日は二度寝して1時間半も遅れてしまった。遅刻は単独行の特権(^^;)多治見邸を8:10に出てR19、きりら坂下経由で夕森公園に10時前に到着。きちんと調べていなかったので登山口を探すのに少々時間を喰った。国土地理院の地図には登山道が載っていないので、案内板を頼りに探す。「三界山山歩道」とかかれた看板につられ、空き地に駐車。目的の奥三界岳と三界山は一緒かな?ハテナと思いながらも違ってもいいやという感じで登山開始。
奥三界岳と三界山との分岐 夕森ふれあいキャンプ場

【登山開始】
登山口 夕森ふれあいキャンプ場から少し登るとバイブルキャンプ場があり、その近くに登山口の案内板がある。キャンプ場が近いだけあって、草刈がなされていて歩きやすいが蜘蛛の巣が顔にかかる。ここを歩く人は今日は小生が初めてのようだ。しばらく歩くと車道とぶつかり、この登山道が奥三界岳への道でないことに気がつく。ははっ。

【静かな登山道】
登山道は沢と平行して歩く。人気が全く無く、水の音だけが聞こえる森の中といった感じ。鳥の声も少なく本当に静かである。ヒノキが激しく伐採されており、時折登山道にも倒れこんでいたが、木の香りは楽しめた。古い道なのか、沢を越える際にかけられている木の橋も腐っている。踏み落とさないように慎重に渡る。
ヒノキの伐採 登山道

【谷登り】
水の涸れた谷を何度も越えるが、赤テープや案内板が非常にたくさんあり、迷うことはない。谷で勾配は緩やかで楽チンである。何度も伏流になってりうようなので、この谷は雨が降ったときに水が流れるのだろう。立派な道なので国土地理院の地図に登山道として載せてほしいものである。見事な大岩もたくさんあり、二箇所で小さな滝が見られた。 二段の小滝
さあ、これから〜 四段の小滝

【三界山】
四段になっている滝を越えると谷から離れてジグザグの道を登る。雰囲気がいきなり変わり、笹と蜘蛛の巣の海となる。背丈ほどある笹の海を激しい漕いで行く。疲れた〜。頂上も笹の海。展望ゼロ。後で調べたらもう少し先に展望地があったらしい。道は確かにあったが、違う場所へ降りる道かと思っていた。残念!
登山道は笹の海 頂上

【帰路】
素直に来た道を登る。登山道は勾配が緩いので行きと帰りではかかった時間の差があまり無かった。

【下山後の楽しみ1;夕森公園】
来る時はガラガラだった夕森公園は実ににぎやかだった。竜神の滝は岐阜の名水50?にも選ばれているらしく、非常に綺麗で透き通っている。見事だ。下流ではマス釣りが楽しめるようで、しばらく見ていたら素人でも釣れていた。餌だけ取られたり、魚との駆け引きが面白そうである。
竜神の滝 マス釣り

【下山後の楽しみ2;蕎麦畑】
本日メインの椛の湖自然公園のソバ畑。予想以上に広くて驚いた。花は満開をちょっと過ぎていたが十分楽しめた。畑のバックは笠置山?と恵那山。
ソバ畑と東濃の山 ソバの花

【下山後の楽しみ3;椛の湖】
湖自体はかわいいサイズであるが、歴史的にも価値があるらしい。周辺にはハナノキの自生地やキャンプ場があり楽しめる。標高が結構あるのでツリガネニンジンなど、山でよく見かける植物も見られた。ソバ畑と椛の湖の地図は坂下町のHPに載っている。
椛の湖 ハナノキ自生地

【総評】
・沢:笹=7:3、他の分野は全く無しという印象。
・登山道は展望が楽しめない。
・夕森キャンプ場の案内所などで手に入る観光パンフに詳しい地図が載っている。

登山日記一覧へ日帰り登山TOPへ