<文殊山(天橋立ビューランド)>

文殊山(135m)
(文殊駅→天橋立ビューランド→文殊駅)

登山日:2002年9月14日
登山口:京都府宮津市
天候:快晴
テーマ:名勝
ガイドブック:各種観光案内本
同行者:単独
時間記録:行き……15分、帰り……15分
13:45 駐車場
13:55 ロープウェイ文殊駅
14:05-14:25 頂上散策
14:35 ロープウェイ文殊駅
14:45-15:20 天橋立散策
15:30 駐車場



【観光気分で】
強清水 本日の目的地は丹後半島。通り道の日本三景「天橋立」に寄らないわけがない。付近の駐車場に適当に入り、天橋立ビューランドへ。文殊山という名前があるので歩いて登る気でいたが登山禁止らしい。ビューランドのやや西の踏み切りの所に、標高179mの山への登山口があり、こちらは登山できる。時間があるときに登ってみたい。
駐車場でもらったリフト割引券を使って700円(だっけな)でビューランドへ。ビューランドのホームページにも割引券がおいてある。

【天橋立ビューランド】
リフトで頂上まで行くと、みな自分の股に顔を突っ込んでいる。「股のぞき」で有名だが、非常に怪しい絵だ(^^;)股のぞきをすると、天地転倒の逆転効果により、松並木が空中に浮かんだような錯覚を起こし、また龍が天に舞い上がる姿に見えるという。はぁ、確かに股覗きすると景色が変わって見えて楽しかった。
股のぞきポイント ビューランドより天橋立と成相寺方面を望む

【文殊堂】
リフトを降りると天橋立方面に向かう。連休の影響か、非常に人が多い。土産屋も多い。まず文殊堂。山形県「亀岡の文殊」、奈良県「桜井の文殊」と並び日本三文殊の一つとして有名らしい。頭良くなれ〜。 文殊堂

【磯清水へ】
文殊堂をすぎて廻旋橋が動くのを確認したあと、磯清水へ向かう。時間的な関係でランニングである。この道は「日本の道100選」になっていて、松の並びが素敵だ。
磯清水は井戸になっていて、環境庁の「名水百選」にもなっている。期待して水を汲んで一口飲んでみる。ぬるい!!!これ飲めるのか???しかし全く塩分を含まない真水がこんこんとわき出ているなんて不思議だな。
道 磯清水

【総評】
・天橋立については天橋立観光協会のホームページが詳しい。 ・文殊山は登山禁止。
・ビューランドからの展望はすばらしい。
・丹後鉄道天橋立駅の西の踏み切りの所から、標高179mの山に登れる。こちらも寄りたい。

登山日記一覧へ日帰り登山TOPへ