<伊吹山>

伊吹山(1377m)
(さざれ石公園→伊吹山→さざれ石公園)

登山日:2002年8月3日
登山口:岐阜県春日村
天候:晴れ
テーマ:お花畑、疲労時の登山
ガイドブック:『こんなに楽しい岐阜の山旅100コース 美濃(上)』(風媒社)
同行者:単独
時間記録:行き……2時間00分、帰り……1時間50分
(コースタイム:行き……?時間??分、帰り……?時間??分)
11:50 さざれ石公園駐車場
12:40 炭焼小屋跡
13:10 北尾根とりつき
13:30 ドライブウェイ大駐車場
13:30-15:40 遊歩道散策&昼食
15:40 ドライブウェイ大駐車場
13:10 北尾根とりつき
11:50 さざれ石公園駐車場


【初の2度目】
登山の面白さを知ったのは1年前の伊吹山だった。山のお花畑にすっかり魅了されてしまった(本格的に山に行くようになったのは今年の4月からだが)。今年も伊吹のお花畑を見に行く。ヤフーの岐阜掲示板によると、お花畑は今が一番良い時期らしい。同じ山に2回登るのは初めてだが、今年は去年と違って岐阜県側から登ることにする。登山前には「春日もりもり村」の近くで名水を汲んで登山口へ向かう。岐阜市の友人の家に寄ったついでの山行なので出が遅い。

【さざれ石公園】

さざれ石 「さざれ石」といえば国歌に歌われているあの石である。岐阜県の天然記念物に指定されている。「石灰質角れき岩」と呼ばれる岩石で、白色や灰色をした大小の角ばった石灰岩のれきが密集してセメントで固めたように見える岩石らしい。さざれ石を見るのは恵那にある博石館以来2回目である。知名度はあるが実際に見たことのある人は少ないのではないだろうか。さざれ石を少し過ぎて登っていくと登山ポストがあった。紙や鉛筆などは置いてなかったので簡単にメモ用紙に書いて提出する。

【農家道】

くねくねした舗装道路を2、3度横断しながら、標高を稼いでいく。道路に干草が。これって薬草では!?少しつまんで匂いをかがせてもらうと、去年入ったジョイ伊吹の薬草風呂の匂いがした。こうやって作るんだな〜。登り始めが正午なので農家の方が昼食を取っている。道が分かれているところもあるが、直登していく。 薬草干し

【炭焼小屋跡】
炭焼小屋跡 しばらく草原をバッタとコオロギと一緒に登ってきたが、途中からうっそうとした林の中をジグザグに登る。登り始めでも思ったが、このコース結構急登が多いゾ。いかにも休憩してくださいという広場が現れ、ここで小休止した。

【静馬ヶ原】
うっそうとした林を抜けると視界が開け、伊吹山の頂上とドライブウェイが見える。静馬ヶ原ではお花畑が綺麗である。去年はこんな所があるなんて知らなかったな。稜線なので歩きやすいし風も気持ち良い。北尾根とりつき周辺ではドライブウェイから降りてきた人もいた。
静馬ヶ原のお花畑 北尾根とりつき

【伊吹山ドライブウェイ】
国見峠分岐点から5分で伊吹山ドライブウェイと合流し、頂上まで車道を歩く。ツアーのバスがやたら多い。この地点から駐車場まで1.2キロくらいのようだが、既に渋滞である。伊吹山ドライブウェイの入口から既に渋滞という説も。車の人は早く来ないとダメだな、こりゃ。 伊吹山ドライブウェイ&伊吹山頂上

【遊歩道】
ドライブウェイの大駐車場に着くと人・人・人。避難するが如く中央遊歩道から山頂へ。中央遊歩道は階段が多く西や東と比べて急なので、苦労している年配の方もいらっしゃった。山頂では記念撮影で並んでいるので諦めて、琵琶湖が見える地点へと向かう。今日はガスっていて琵琶湖ははっきり見えない。時間も遅いし仕方が無いか。ここで昼食。にぎり飯がうまい!
大駐車場と国見岳方面 琵琶湖が見える小台にて

お花畑の写真を撮りながら再び山頂へ向かうとラッキーにも記念撮影が出来た。しっかし人多い(^^;)
伊吹山山頂 伊吹山観測所

【東遊歩道】
帰りは東遊歩道にする。この道が一番好きだ。シモツケソウ、ヤマトナデシコ、イブキトラノオ、イブキフウロ、ルリトラノオなどが満開だ。
東遊歩道 シモツケソウのお花畑

【色とりどりのお花達】
さすがは伊吹山。たっくさんの花があった。全部UPさせたいが容量の関係もあるので一部紹介。 ミヤマコアザミ(orタムラソウ?)

コオニユリ ルリトラノオ

キオン シモツケソウ

??? イブキトラノオ

ツリガネニンジン アカソ

【かすがモリモリ村】
かすがモリモリ村リフレッシュ館 帰りは往路と同じ。炭焼小屋跡に気が付かなかったので結構疲れていたのかも。さざれ石公園から車で25分ほどで、かすがモリモリ村に到着。シャンプー、リンス、マッサージ器、血圧測定器、休憩室などが完備(すべて無料)で400円は大満足。

【岐阜長良川花火大会】
たまたま長良川花火が見られた。音が聞こえる河原まで行って軽く見ておいた。登山後の花火もなかなか良い。 長良川花火

【総評】
・山頂は観光客と商売活動で活発
・見事なお花畑は日本屈指だろう
・笹又コースは日陰があって静か。道は予想以上に踏まれていた。

登山日記一覧へ日帰り登山TOPへ