<北岳>

北岳(3192m)
(広河原→白根御池小屋→草スベリ→北岳→草スベリ→二俣→広河原)

登山日:2002年7月28日
登山口:山梨県芦安村
天候:晴れ
テーマ:百名山ハント、2日で一位二位踏破
ガイドブック:『どこでもアウトドア関東の山あるき100選』(昭文社)
       『花の山旅 北岳』(山と渓谷社)
       『ヤマケイ登山地図帳』(山と渓谷社)
同行者:単独
時間記録:行き……7時間40分、帰り……2時間20分
(コースタイム:行き……4時間55分、帰り……3時間35分)
05:30 広河原駐車場
05:50 広河原ロッジ
06:00 白根御池小屋・二俣分岐
07:20 白根御池小屋
08:40 草スベリ分岐
08:50-09:00 小太郎尾根とりつき
09:40-09:50 肩ノ小屋
10:25 北岳頂上
10:25-11:05 休憩
11:30 肩ノ小屋
11:50 小太郎尾根とりつき
12:05 草スベリ分岐
13:00-13:10 大樺沢二俣
14:20 白根御池小屋・二俣
14:35 広河原ロッジ
14:40 広河原駐車場


【大計画】
ネットを通じて知り合った人達で富士山に行くことにした。はるばる富士山に行くのだからついでに近くの山に寄っていくか。というわけで近場の山を探す。目に付いたのは愛鷹山、天城山、長者ヶ岳。ん、南アルプスの北岳も近いではないか!どうせなら2日間で日本の標高一位と二位を制覇してやろう。ということで富士山オフ会の前日に北岳日帰りを決行する。よし、北岳で初めて買った登山靴の試し履きだ。

【広河原へ】
多治見邸を1時10分に出発。普段高速道路は使わないのだが、今回はちょっと遠いため中津川ICから中央自動車道に入る。この時1時50分。長い恵那山トンネルを抜けて仮眠を一度して韮崎ICに着いたのは4時20分。高速を降りて広河原に着いたのは結局5時半だった。広河原への車道はなかなか走り甲斐があった。景色はどんどん良くなっていくし、真っ暗なトンネルからは水がポタポタ落ちてくるし、明け方なのにバスが降りてくるし。広河原の駐車場は満杯状態だが運良く駐車スペースがあり良かった。誘導の人までいて、人気の多さが分かる。多治見邸から広河原駐車場まで243キロあった。

【登山開始】
駐車場からゲートを越え、吊橋を渡る。橋は結構揺れ、初のアルプス単独行に気持ちが高まって行く。橋を越えたところにあるロッジで登山計画書を提出し、ガンガン登る。少々出遅れたが時間的に登山者も多い、やはり中高年の集団さんが多い。のろのろ集団のお尻にくっつくこと10分。二俣と御池小屋との分岐に出る。休憩している人多数。まだこれからだよ。
登山口 白根御池小屋・二俣分岐

【白根御池小屋】
分岐からは急な登りが延々と続き、リュックを背負う背中が汗ばむ。水場を越えるとすぐに小屋に到着した。ここからの展望もなかなか良い。早くも日焼けで腕が赤くなっているので日焼け止めを塗り直す。今日は本当に良い天気だ。
白根御池小屋 白根御池

【お花畑】
お花畑 小屋を過ぎると登山道の周りは草原状のお花畑である。日陰がなく日差しが辛いが気持ちが非常に良い。カメラマンもたくさんいた。3000m級の高山植物を目にするのは今日がはじめてで見たことのない花ばかりである。全種類の花をカメラに収めることは不可能に近いしHPにアップすることも容量の関係で無理。今日は青系の花にしか興味を持たないことにしよう。

タカネグンナイフウロ ミヤマハナシノブ?

【草スベリ】
頂上へと続く草原状のこの一帯は草スベリと呼ばれているようだ。なるほど草と花でいっぱいだ。振り返ると富士山の頭も顔を出している。明日はあの山だい。
草スベリ 富士山

【太郎尾根とりつき】
太郎尾根とりつきでは甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳が見事に見えた。鳳凰三山のオベリスクもはっきり見える。八ヶ岳、槍、空木も見える。こんなに見えるとはラッキーとしか言いようがない。疲れも吹っ飛ぶ、というよりも全然疲れが出ない!
仙丈ヶ岳 甲斐駒ヶ岳

【高山植物】
ミヤマシオガマ? 太郎尾根のとりつきを過ぎると草スベリでは見られなかった花がさらに登場する。花の本を片手に楽しくて仕方がない。本日は青系の花と決めていたが、白や黄色のお花の見事な群生もあり、困ってしまう。
お花畑 イワギキョウ?
チシマギキョウ?とイワベンケイ タカネシオガマ?

【肩ノ小屋】
肩ノ小屋ではたくさんのテントがある。普通は皆さんこの辺で泊まるのかな。外人さんもたくさんいた。ここからは岩岩の稜線になる。
肩ノ小屋 頂上への稜線

【北岳頂上】
仙丈ヶ岳をバックに北岳頂上。 北岳頂上は狭くはなくて単独者が休憩する場所には困らない。しかし団体さんがくつろぐほど広くはないので団体さんが写真撮りをするとき口論が起きていた。どうやら写真をとるからどいてくれということでご立腹の様子。こんな気持ちが良いのに、やめてくれ。仮眠した後、仙丈ヶ岳をバックに記念撮影。良い写真がとれた!

【草スベリから二俣へ】
当初は頂上から八本歯のコルへ降りる予定だったが、あまりに人が登山者が少ないことと、ベテラン気取りの人にアイゼンを持っていないのならやめたほうが良いと言われたこととを考慮し、草スベリまで戻って二俣に降りることにした。確かに残雪がすごそうだし、明日は富士山があるし、無理は止めよう。下山時はもうガスが出て甲斐駒はまったく見られない。やはり景色は午前中が勝負かな。
草スベリから二俣への道でも花がたくさん見られた。この辺で新しい登山靴の影響でかかとが擦れて痛い。靴のサイズがちょっと大きくて、自分の足にあっていないのだろう。登りでは平気だったのだが。
二俣への道、残雪が見える ヤマホタルブクロ

【大樺沢二俣】
二俣では水があるということでカップラーメンなどをすすっている人多数。小生も遅い昼ご飯。
大樺沢二俣 沢に沿った登山道

【二俣から広河原へ】
二俣からは沢に沿ったなだらかな道をどんどん降りていく。途中で小川を何度か横切る。ゴアの登山靴大活躍だ。水が徐々に集まって大きな川へとなっていく様子が興味深い。
ホソバトリカブト? 大樺沢

【無事に下山】
駐車場でジュースを買い無事に下山。初のアルプス単独行は一生の思い出に残る素晴らしい山行となった。明日はいよいよ富士山だ。

【総評】
・展望もお花畑が素晴らしい。
・行程が長く、結構疲れる。
・縦走が可能なので日帰りはもったいない気がした。
・キタダケソウは7月下旬では見られないようだ。

登山日記一覧へ日帰り登山TOPへ