<弥勒山(みろくやま)・道樹山(どうづさん)>

弥勒山(437m)・道樹山(429m)
(内々神社−内々神社展望台−内津峠−弥勒山−大谷山−道樹山−大谷山−弥勒山−内津峠−内々神社)

登山日:2002年4月6日
登山口:愛知県春日井市
天候:晴れ
テーマ:東海自然歩道、トレーニング
ガイドブック:『東海自然歩道31選 東海編』名古屋歩く会(七賢出版)
同行者:なし
時間記録:登り……2時間、下り……1時間15分
11:15 内々神社駐車場発
11:30 弥勒山着
13:15 道樹山着
10分休憩(おやつ)
14:10 道樹山発
14:33 弥勒山
15:05 内々神社
15:05 内々神社散策


【東海自然歩道】
前々から興味があった東海自然歩道にいよいよ挑戦する。午前中は所用があったため、午後から登り始めることにした。歩道と言っても標高400mを越える立派な山である。初の単独歩行でもあるので少し心配だが楽しみである。

【内々神社登山口】
国道19号線から内々神社の看板に従い難なく出発点の内々神社に到着。観光用の駐車スペースが2台分くらいある。神社は市指定文化財にもなっていて立派であるが、境内等の観光は帰りにして早速準備にかかる。
内々神社 内々神社駐車場

【内々神社展望台】
内々神社展望台 神社に案内板があるが見ても良く分からない。弥勒山へ行くのはどうやら道が2つあるようだ。適当に登り始めるがなかなか勾配が急で辛い。20分くらいで神社の展望台についた。一人だとペース配分が難しい。ここの展望は悪くないが面白いものは見えない。

【内津峠】
展望台をすぎるとがっかりするほど下る。展望台は結構高かったのだろう、大分下るとやっと内津峠に出た。ここで内々神社からの近道と合流していた。出発が遅かったので、定光寺から来たと思われる何組かのパーティとすれ違う。皆年配の方である。すごいものだ。 内津峠

【平和な歩道】
ごみ処分場 内津峠周辺はコンクリートの普通の道路で歩きやすい。だらだら道をしばらく行くと奇妙な建物が目の前に現れた。案内板に従い螺旋階段を上ると「春日井市内津最終処分場」と書いてある。ごみの処分ってこんなに土地が必要なんだな。

【自然歩道へ】
いよいよ山に入る。道は案内板がそこら中にあり、道も整備されていて広いので安心である。特にきついところも無い。余裕でガンガン登る。

【弥勒山】
さくさく登っていくと弥勒山だ。最後の急な登りを終えると素晴らしい展望が広がる。ヤマツツジも咲いており、綺麗だ。春日井都市緑化公園から来たというおばあさんに写真を撮ってもらう。しかし日没前に戻りたいのであまりのんびりすることなく大谷山に向かう。 弥勒山山頂

弥勒山展望 弥勒山展望

【大谷山】
大谷山 弥勒山から10分ほどで大谷山に到着する。標識は見当たらないが小石がつんであるのでそこで写真を撮る。ベンチがあるが展望はあまり利かない。

【道樹山】
大谷山からまた下って登ると大谷山であるが展望は全く無い。キャンプ場の方へ少し降りたところに高蔵寺の町が見えるところがある。 道樹山

【内々神社】
内々神社庭園 帰りは来た道を戻る。かなり飛ばしたので内々神社には早くついた。庭園や境内など1時間くらい観光したが、どうしても「奥の院」がどこにあるか分からなかった。他の人も探していたが分からなかったようだ。本当にあるのだろうか!?

【総評】
初めての東海自然歩道だったがなかなか歯ごたえがあった。家から車で15分なので良いトレーニング場所を見つけた。

登山日記一覧へ日帰り登山TOPへ